天童荒太

天童荒太

ありふれた愛 天童荒太 著

<あらすじ> 1歳半になる娘をかわいがる武史だが、 妻の一言に心が乱れる(「とりあえず、愛」) コンビニで突然倒れ病院へ運ばれた男と それを目撃した青年(「喪われゆく君に」) など、 人間の揺れ動く心情を映す4編。 <...
天童荒太

永遠の仔 天童荒太 著

<あらすじ> 霊峰の頂上に登れば神に清められ自分たちは救われる。 そう信じた少女・久坂優希と2人の少年は、 その下山途中に同行した優希の父を殺害する。 3人は秘密を抱えたまま別れそれぞれの人生を歩んでいたのだが、 再開が地獄の扉を...
天童荒太

包帯クラブ

<あらすじ> 傷ついた少年少女たちは、戦わないかたちで、自分たちの 大切なものを守ることにした・・・。 いまの社会を生きがたいと感じている 若い人たちに語りかける長編小説。 <感想> 高校生が主人公で、映画化され...
タイトルとURLをコピーしました