辻 仁成

書籍評

冷静と情熱のあいだ Blu 辻仁成 著

<あらすじ> あのとき交わした、たわいもない約束。10年たった今、君はまだ覚えているだろうか。やりがいのある仕事と大切な人。今の僕はそれなりに幸せに生きているつもりだった。だけど、どうしても忘れられない人、あおいが、心の奥に眠っている。あ...
書籍評

サヨナライツカ  辻 仁成 著

<あらすじ> 「人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる。私はきっと愛したことを思い出す」。 "好青年"とよばれる豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子と出会う。 そこから始まる激しくくるおしい性...
タイトルとURLをコピーしました