歌野晶午

書籍評

葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午 著

<あらすじ> ひょんなことから霊感商法事件に巻き込まれた「何でもやってやろう屋」探偵・成瀬将虎。 恋愛あり、活劇ありの物語の行方は? そして炸裂する本格魂! <感想> 14章から話がなり、1章ごとに話が続いているようで、つ...
書籍評

「世界の終わり、あるいは始まり」 歌野晶午 著

<あらすじ> 東京近郊で連続する誘拐殺人事件。誘拐された子供はみな、身代金の受け渡し前に 銃で殺害されており、その残虐な手口で世間を騒がせていた。 そんな中、富樫修は小学六年生の息子・雄介の部屋から被害者の父親の名刺を発見してし...
タイトルとURLをコピーしました