日々のつぶやき 時事ネタ

大阪市立桜宮高校の体罰問題についての意見

投稿日:2013-01-11 更新日:

大阪市立桜宮高校2年生の男子生徒が自殺したことから発覚した教師の体罰指導。
詳しい事情がわかればわかるほど、桜宮高校の校長、今回の当事者であるバスケ部の顧問、そして、過去の事案である同高校バレー部顧問の体罰処遇問題に腹が立って仕方ない。
まず、yahoo newsにも記載されていた(ココ
「強くするためには体罰必要」発言。
コレは絶対に間違ってる。
体罰はどんな場合においても、けして許される行為ではない!
真剣に指導し、感情が高ぶって思わず手が出ることはあるかも知れない。あったとしても、手が出てしまったことを教師は恥ずべきであり、正当化することがあってはけしてならないと思う。
子育ても同じだ。あなたは子どもに手をあげたことはないのですか?と問われれば、ある。
何度となり、ある。
しかし、1度たりとも手をあげたこと良かったと思ったことはない。
叩いたことを悔いたことがあってもだ。
体罰と言うものは<感情>だと思う。<理論>ではない。
怒りに任せて、もしくは苛立ったことによって行う行為であって、教育ではない。
いまだにこの理解ができない教師が平然と教壇に立っていることを許せない。

しかも、校長が最低である。
バレー部顧問が一昨年体罰で処分を受け、一度はバレー部顧問をはずれた。しかし、この事実を教育委員会に報告しなかった。それどころか、ほとぼりの冷めた2年後、もしくはその生徒が卒業したからかバレー部顧問にぬけぬけと返り咲いている事実。
当然、校長が認めたからの人事だろうし、その校長も教育委員会に報告しなかったのは、若い教師であるバレー部顧問の将来を案じてだと言う。
体罰を受けた生徒の未来よりも教師仲間をかばったワケだ。
情けないのを通り越し、これほどまでに社会性の欠けた世界があるのかと思う。

ふつうの社会では相手が社会人であるゆえ、いい加減な処遇、対処はできない。
相手が20歳未満の生徒=子どもだと、隠蔽したり、ごまかしが効くと考えている証拠だ。
子どもたちをバカにするな!

我が子が卒業した中学にも、人間としてクズだと思う教師がいた。
親である私が、その教師と話しをした瞬間から、人として尊敬できない人物だと思った。
親がそう感じる教師を、子どもが好きになるワケがない。
体罰こそなかったが、50代の「勝つことがすべて」の体育教師。
こんな人物がまだ教育現場にいる以上、今回のような問題はなくならないだろうと思う。

-日々のつぶやき, 時事ネタ

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.