日々のつぶやき 時事ネタ

臓器移植法改正案、衆院可決

投稿日:2009-06-18 更新日:

本日、脳死を「人の死」とすることを前提に、現行では禁止されている15歳未満からの臓器提供を可能とすることを柱とした臓器移植法改正案(A案)が衆院で可決されました。

臓器移植が治療方法として確立されており、前向きに進める方向である以上、今回の改正案可決には意味があったと思います。
臓器を提供する側、受ける側それぞれに課題があるのは当然ですし、この法案が通ったからと言って、すぐに移植がどんどんと行われると言うワケではないと思います。しかし、この法案が通らなければ、国内での15歳未満の臓器移植はいつまで経っても不可能のままです。
WHOが海外での臓器移植は今後認めない方向性を示した以上、日本も法案は通しておかなければ移植治療ができない国となってしまいます。

医療に携わっていても、脳死=人の死になんの違和感もないのか?と聴かれたら躊躇はあります。特に子供が対象となれば尚更。
しかし、その方向性で医療は進むべきなのではないかとも思います。
移植医療を日本に根付かせるためには、医療以外の精神的ケア等を含めフォローアップを充実させていく課題は残っていますが、これからの日本の医療を考えるための一歩であることは確かでしょう。
せっかく可決までされたのに、衆院解散などで廃案にならないで欲しいものです。

-日々のつぶやき, 時事ネタ

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.