日々のつぶやき 阪神タイガース

甲子園歴史館

投稿日:2010-03-13 更新日:

甲子園球場のレフト外野スタンドの16号門あたりから入場できる「甲子園歴史館」に行ってきました 14日OPENを前にファン招待DAYの今日がプレオープン。
早速見てきました。

コレが意外にもボリュームがあり、興味を惹く展示も多くおもしろかったです
結構広い館内の約半分が高校野球の展示。
第1回大会から記憶に残る名勝負と写真をパネルにし、当時のユニフォームや記録となった時のサインボールなどと一緒に展示されています。
何よりもすごいのが、今まで出場された全高校の名前がボールに記載されて展示されています。
我が子の高校も以前に出場しているのでボールに高校名が載っていました。
懐かしかったのは、工藤公康選手の名電高時代、早稲田実業の荒木大輔投手、PLのKKコンビの活躍、星陵高校の松井の5打席連続敬遠の記事です。1番新しいので菊池雄星くんのまで展示されていました。
結構見応えありましたよ。

20100315_1495420後半から阪神タイガースの歴史になります。
藤村富美男さんから始まって、最近の赤星選手引退までの記事やユニフォーム、シューズにボールなどの展示がされています。
感動したのは藤川球児のコーナーにはWBCの優勝メダルと例のスクエア型の指輪が展示されていたこと。

 

 

20100315_1495419そして金本選手のコーナーには904連続フルイニング出場記録の盾が展示されていました。
展示されているだけでも感動するのに、こうして写真を撮るのもOKなんです。
コレはとってもうれしい事です。
ベンチの中を再現しているコーナーもあって、以前の1塁ベンチに座って写真撮影もでした。

 

20100315_1495423後半には2007年の当時の選手のサインと背番号を記入されたベンチまで。
ファンにはうれしい展示です。

 

 

 

 

 

 

20100315_1495421しかもアルプス側にある電光掲示板の下に出ることもできるのです。
そこから見た甲子園球場のキレイなこと
残念ながらココは試合中は入ることができません。

 

20100315_1495422

この展望場の下はアルプス側にあるオープンカフェになっていました。
この場所から電光掲示板を見上げたらこんな感じ。
こんな体験もできる「甲子園歴史館」はなかなかいいでしょ?

一般は入場料500円ですが、高校野球が好きだったり、阪神が好きなものにとっては価値があると思います。

-日々のつぶやき, 阪神タイガース

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.