愛犬:そら

安心と信頼

投稿日:2017-01-20 更新日:

Kペットメディカルを受診して来ました。

ここを受診して良かった

納得できたし、現在のそらの状態も理解できました。
そして、これからの健康維持についても方向性が見えたし
何よりも本当に安心しました

胸部~鼻先までのX-Pと血液検査をしてもらいました

結果、肺炎は改善傾向だが、もう少し抗生剤を使う必要があること。

鼻は、腫瘍のような画像はなく、鼻骨にも変化が見られないので、鼻症状(くしゃみ、鼻水)は歯からの影響ではないのではないだろうか?と。
持参した鼻水を培養検査し、合う抗生剤を探し、抗生剤と抗炎症剤の投与で様子を見ていきましょうと。

そして、「かなり状態が悪い」と言われた歯は、年令相応とのこと。
今後、歯石除去術はする方がベターであるけれど、上記理由から、それほど急ぐことはないと。

なお、「相当悪いね」と言われた心臓は、X-P上心臓は大きいけれども、心雑音はなく、走ったりしたあとに、舌の色が悪くなったり(チアノーゼの有無)、息が荒くなることもないので、強く心配する状況ではないと。
ただし、この先に全身麻酔で歯石除去術を受ける上で、心臓精密検査をしておく方がベターだろうと。

血液検査、X-P撮影がそれぞれ高くて、なかなかの診察料でしたが、この納得感と安心感はこの病院でないと得られなかったワケですから納得しています。

私は、医療関係の仕事ゆえ、ちゃんとした根拠もないのに、「相当悪い」「ひどい状態」と言われても、(何を根拠にそれを言えるの?)と言う疑問ばかりが頭を支配してしまい、医学的検査なしでは信じることができないんです。
今回のように、医学的検査の裏付けがあれば、納得できるし、受け入れられる。

ある病院では、全身麻酔をしないと鼻のX-Pは撮れないとか、
X-Pでは鼻の詳しいことはわからないと言われたなぁ~・・・この病院では検査できたのに。

結局、自分に合った獣医を探すしかないんですね
人のウワサや評判は、それはソレ。
要は自分が納得できるか、信頼できるかどうかが大切!

病院で抗生剤と抗炎症剤の筋肉注射をしてもらった そら。
そのクスリが効いているのか、くしゃみも鼻水も止まっています
あぁ~嬉しいです

勇気出して良かった

 

 

-愛犬:そら

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.