ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY *チャーリーとチョコレート工場*

投稿日:2005-09-10 更新日:

20090508_6908842005年 / 米

監督:ティム・バートン

CAST:
ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、
    ディープ・ロイ、ヘレナ・バナム、ノア・テイラー

<STORY>

失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。彼の家のそばには、15年間誰一人出入りしたことがないにもかかわらず、世界一のチョコレートをつくり続ける謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。ある日、工場の経営者ウィリー・ウォンカ氏は、全商品のうち5枚だけに入っている“ゴールデン・チケット”を引き当てた者にだけ特別に工場の見学を許可すると驚くべき声明を発表した。そして一年に一枚しかチョコを買えないチャーリーも、奇跡的に幸運のチケットを手にし、晴れて工場へと招かれる。

<感想> 評価 ★4
ティム・バートン+ジョニー・デップコンビの4作品目。シュールでブラックユーモアを散りばめたファンタジーを作らせたらこのコンビは今のところハズレなし。子供から大人まで安心して楽しめる作品。
映像も工場の中はまるでTDLのアトラクションのよう。チョコの川やお菓子のきのこがいっぱいの極彩色。工場の働き手であるウンパ・ルンパ人はおぢさんで、独特のスタイルにマジメな表情、ダンスに歌とくれば悔しいが笑ってしまう。ウンパ・ルンパ人を演じたのはディープ・ロイと言う俳優らしいが映画を見終わったあとも、頭に焼き付いて離れなかった。
見終わったあとにむしょ~にチョコが食べたくなるおいしい映画。
また、本作品で来日したジョニデがインタビューで子供の良きパパらしく、子供が見て楽しめる作品を選んで出演を決めていると言っていた。それはファンとしてはさみしい。セクシージョニデが見たい!せめて子供向け作品に出るにしても「パイレーツ・オブ・カリビアン」のスパロウ船長のようなセクシー系を希望!

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.