アクション(ギャング・バイオレンス・戦争) シリーズもの 映画評

MISSION:IMPOSSIBLE / GHOST PROTOCOL * ミッション:インポッシブル / ゴースト・プロトコル*

投稿日:2012-06-13 更新日:

20120620_26852332011年 / 米

監督:ブラッド・バード

CAST:
トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ
ポーラ・パットン、マイケル・ニクビスト



<STORY>
ロシアのクレムリンで爆破事件が発生し、米国極秘諜報組織IMFのエージェント、イーサン・ハントと、ハントの率いるチームが事件の容疑者にされてしまう。米国政府は「ゴースト・プロトコル」を発令してIMFを抹消。汚名を着せられたハントは、IMFの後ろ盾もえられないままチームの仲間だけを頼りにクレムリン爆破の犯人をつきとめ、さらには事件の黒幕が目論む核弾頭によるテロを防ぐためロシアからドバイ、インドへとわたり、過酷な戦いに身を投じる

<感想> 評価 ★4.5
文句なしでおもしろかったです!! 想像以上の作品でした。
スパイアクションシリーズ4作目にして最高傑作との噂もウソではないと思います。ふつうシリーズものは尻すぼみになりがちですが、本作品はよりスケールアップし、広がりを見せてたように思います。過去作品のようにトム・クルーズ演じるイーサン・ハントだげが突出せず、旧IMFメンバー:ベンジーのお茶目で少々ドジだけどハッカーをさせたら天才的な部分。IMF唯一の女性エージェント:カーターの、知的でセクシーだけど、タフな部分。新メンバーとして加わったものの、謎めいた雰囲気を出す:ブラント4人の魅力を見せつつのアクションシーンが見所のひとつになっていました。 Storyもわかりやすく、ロシア、ドバイ、インド:ムンバイと今、勢いのある国を舞台に展開され、その国独特のものでミッションをこなしていきます。ドバイでは超高層ホテルの窓を割って壁を吸着手袋のみで這い上がって指令をこなしたり、砂嵐の中で戦ったりとおもしろいです。 コンタクトレンズ型カメラが出てきたり、吸盤型手袋が出てきたり小道具もおもしろい。 アクションシーンでは、思わず(うわぁ~)(ひゃぁ~)と声をださずにいられないハラハラシーンも連発で132分、飽きませんでした。 間違いなく上質のアクションエンターテイメント映画です 見る価値あり!デス

-アクション(ギャング・バイオレンス・戦争), シリーズもの, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.