ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

ELIZABETHTOWN *エリザベスタウン*

投稿日:2006-05-25 更新日:

2005年 / 米

監督:キャメロン・クロウ

CAST:
オーランド・ブルーム、キルステン・ダンスト、
スーザン・サランドン

<STORY>
「すべてを失った僕を、待っている場所があった ― 奇跡の6日間 ―」
仕事一筋に情熱を燃やしてきた大手シューズ・メーカーの新進デザイナーのドリュー。しかし、社運を賭けた新型スニーカーは返品が相次ぎプロジェクトは大失敗、解雇される。夢破れ、生きる気力を失ったドリューは死を考え命を絶とうとしたまさにその瞬間に妹から電話がかかる。「お父さんが故郷で急死した。長男としてお父さんを迎えに行って」と。ドリューは父の故郷・ケンタッキー州エリザベスタウンへ父を迎えに行く。それは自分探しの旅の始まりであった。

<感想> 評価 ★3
すべてを失った一人の青年の再生の道のりを描いたセンチメンタル・スト-リー。人生に絶望したドリューが父の故郷であるケンタッキー州エリザベスタウンの田舎町で経験する親戚たちとの触れ合いや、新しいロマンスに心癒されていく姿を情緒的に表現している。
悪くはない、悪くはないのだが長すぎる!
前半の親戚とのくだりをコンパクトにしてくれたら間延びせずにロードムービーへ繋がったのにと思う。
この手の映画はダメな人はダメだろう。何も考えずにエリザベスタウンにショートスティをしている気分で観ると良いかも知れない。
映画の中で流れる音楽の選曲は素晴らしい。監督が元音楽ライターだった部分が存分に発揮されている。場面々にあった選曲で映画の雰囲気をまとめ相乗効果を出していると思う。(「あの頃ペニー・レインと」も同監督)
コスチュームプレイのイメージの強いオーランドの初めて観た等身大の映画だったが頼りなげな雰囲気がドリュー役と合っていた。クレア役のキルステン・ダンストは「スパイダーマン」の主演女優。やっぱり・・・美人じゃない@アメリカの一般的な女性の雰囲気を持ってるのかな?私はやっぱり好きじゃない。  

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.