シリーズもの ファンタジー 映画評

PIRATES OF THE CARIBBEAN【DEAD MAN'S CHEST】パイレーツ・オブ・カリビアン:デッドマンズ チェスト

投稿日:2006-08-12 更新日:

20090509_6912652006年 / 米

監督 :ゴア・ヴァービンスキー

CAST:
ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ、
ステラン・スカルスゲールド、ナオミ・ハリス

 <STORY>
前作で、不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返したジャック・スパロウ。自由な海賊暮らしをしている彼の前に逃れられない宿命が立ちはだかる。宿命とは13年前、ジャックはブラックパール号の船長となるため、自らの魂と引き換えに、船乗りたちが最も恐れる“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わした。そして今、その“契約期間”は終わり、ジャックの魂を取り立てるため、巨大な闇の力が海底をうごめきはじめたと言うのだ。今度こそジャックの命は尽きるのだろうか・・・。

<感想> 評価 ★3.5
前作「呪われた海賊たち」で、ジョニデ演じるジャック・スパロウファンになり3年。待っての2作目だもんだから期待しちゃうよ、うんうん♪ やっとロードショーで観ました!深い事を考えず、単純にエンターテーメントとして楽しむ娯楽作品としては素晴らしい出来!素直に笑えます。ディズニー配給なので子供にも安心して見せれるのもうれしい点。1話目を見ていなくても十分楽しめるけれどStoryや配役を把握したいなら1作目を観てからの方がbest。
今回もエンドロールのあとにオチありなので席を最後まで立たないで観て欲しい。DVDが発売されてもね。
 以下、ネタバレ
感想を一言と聞かれたら、面白かった♪スパロウ最高!と答えるけれど、それにしても中途半端なエンディング。完璧に3作目に続くプロローグ的作りになっているもんだから説明が多くて詰め込みすぎ。予備知識ゼロで観たせいで1話完結だと思っていた。よって、To be continuedを知ってガックリ↓ 1話完結にして欲しかった。
また、本作品はジョニデよりもオーランド・ブルームが主役みたいになってる。ジャック・スパロウはズルくて情けない姿ばかりで、見せ場がない。これからがジャックの見せ場!っと思ったところで次回に続く・・・。消化不良@
2作目を踏まえて3作目を観るのが楽しみ。面白かったら許せるのだろうし。
 

-シリーズもの, ファンタジー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.