アクション(ギャング・バイオレンス・戦争) 映画評

親切なクムジャさん (原題:韓国表記不可)

投稿日:2006-08-29 更新日:

20090508_6910412005年 / 韓国

監督 :パク・チャヌク

CAST:
イ・ヨンエ、チェ・ミンシク、
クォン・イェヨン、オ・ダルス、キム・シフ

<Story>
美しいクムジャが刑期を終え出所してきた。クムジャは13年前、その美貌と残虐な幼児の殺人犯とのギャップで世間を騒がせた女性であったが、13年の刑期の中で「親切なクムジャさん」と呼ばれる程の模範囚として刑期を送った。しかし、出所して来た瞬間からクムジャは復讐の鬼と変わる。自分の人生と娘を奪ったペク先生への復讐を果たすために・・・。

<感想> 評価 ★2.5
最近の韓流ブームに乗れていないが、話題の韓国映画は観るようにしている。魂の入った力強い作品が多いので韓国映画には注目している。
本作品は、パク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』『復讐者に憐れみを』に続く復讐三部作の完結作
主演は国民的美人女優と言われるイ・ヨンエ。見どころは復讐のすさまじさと醜さ、そしてイ・ヨンエ初の悪役と言う点だろうが、私には両方響かず。『オールド・ボーイ』で受けた復讐を誓う男の圧倒するほどの狂気をクムジャには見いだせなかった。13年も間、ペクを恨み続けていると言う感情が見えなかった為、監獄での親切なクムジャと出所後、鬼と化するクムジャへの変化を理解できなかったし、ラストのペクを恨む他の関わった人々の悲しむや恨みも冒頭に示してくれていればもっと理解できたのではないだろうかと思った。
以後ネタバレ 
韓国でも連続幼児殺害事件が多発しているのだろうか?ペグと被害者家族の関係を見るとき、子供を殺害された被害者家族が抱く深い悲しみ、果てしない怒り、そして犯人への絶えることのない復讐心をどうしたら救ってあげられるのだろう。どうしたら少しでも楽にしてあげられるのだろうかと考えてしまった。  

-アクション(ギャング・バイオレンス・戦争), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.