ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

THE BOAT THAT ROCKRD *パイレーツ・ロック*

投稿日:2014-01-22 更新日:

20140122_6564132009年 / 英

監督:リチャード・カーティス

CAST:
フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ、リス・エヴァンス
トム・スターリッジ、ニック・フロスト

<STORY>
1966年のイギリス。英国ロック全盛期にも関わらず、政府は民放ラジオ局を認可せず、BBCがロック&ポップスを流すのは1日たったの45分だけ。そんなロックに飢えるイギリス国民を熱狂させたのは、法律が届かない北海の船上から配信する無認可のラジオ局「ラジオ・ロック」だった。個性的なDJが24時間ロックを流し続ける。そんなある日、喫煙とドラッグで高校を退学になったカールは、母の旧友だと言うクエンティンに更正を目的にと預けられることに。クエンティンは、”ラジオ・ロック”の経営者だったため、船に乗り込むことに。カールは個性的で気の良いDJたちとの毎日の中を楽しんでいた。しかし、政府は「ラジオ・ロック」の取り締まりに躍起。とうとう海洋犯罪法を成立・可決。“ラジオ・ロック”は大晦日24時をもって放送の終了を余儀なくされる。突然の決定に言葉を失うDJたち。そして悲しみに覆われるリスナーたち。“ラジオ・ロック”はこのまま終わりを迎えてしまうのか……?

<感想> 評価 ★4
思ってた以上に楽しみました。ん~英国ロック好きだなぁ 今から50年弱前の設定で、実際にあった海賊ラジオ局をベースに作られたフィクション作品です。 1966年ころのイギリスでは、多くのカッコいいロックが紡ぎ出されていたのに、ロックは悪や不良とイメージされ、政府に音楽を制限されていた事実。それを打ち破ろうとする音楽を愛するひとたちの力。彼らによって流れるロックとDJの軽快なしゃべりに魅了される若い子たちの高鳴る気持ちが伝わり、見ている私までワクワク♪しました。 今、聴いても魅力的な、'60年代英国ロック。 たとえば、”THE WHO"や”THE WALKER BROTHERS"など。 でも、なんと言ってもオープニングで流れる"THE KINKS"の「All day and All of the night」は、聴くだけで、'60年代にタイムスリップした気分にさせてくれます。意外なことにビートルズの曲が使われてなかったんですよね~。この頃の英国と言うとビートルズって1番に出てくるのに。どこの場面で、何の曲が流れるんだろう?って期待してただけに、ビートルズが流れなかったことは少し残念でした。 が、船が浸水により沈没して行く大事故の中、流れるロックはビーチボーイズの「Wouldn't It Be Nice」と言うのがたまらなくオシャレに思いました。 ロックを心から愛しているDJたちが命をかけて流す「ラジオ・ロック」の魅力に浸りながら見た2時間余りでした。 俳優陣もすばらしかったです。 今回もまた、アメリカ人DJ・カウント(伯爵)役のフリップ・シーモア・ホフマンの怪優っぷりにヤラレました。カレは本当に 幅広い役どころを演じきれるひとです。この作品のカウントは、過去に見た「その土曜日、7時58分」とも「カポーティ」とも違うホフマンでした。感服です。 リス・エヴァンスもDJ:ギャヴィンをセクシーに演じてました。カレもホフマンと同じく怪優のひとりですね。ビル・ナイも、セクシーでカッコ良かったです。カレがダンスするところ、すごく好き。 ひとつ批判的なことを書くとしたら、ロック以外のStoryはおもしろくないです。つまり、映画として見た場合、おもしろいとオススメはできません。 でも逆に、'60年代英国ロックたまらなく好きだと言う方には、楽しめること間違いなしです  

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.