アクション(ギャング・バイオレンス・戦争) 映画評

NON STOP *フライト・ゲーム*

投稿日:2015-04-21 更新日:

2014年 / 米

監督:ジャウマ・コレット=セラ

CAST:
リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア
ミシェル・ドッカリー
<STORY>
ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機内。その警備を任されている連邦保安官ビル・マークスのもとに、1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという異様な犯行予告メールが届く。限定されたネットワークからメールが送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル。そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす。やがて、地上から犯人が指定した口座はビルのものであることが判明する。

<感想> 評価 ★4
フライト中の飛行機の中で殺人事件が起こる。密室の殺人・・と言うことは犯人は機内にいるワケだ。
以前観た「フライト・プラン」と似てんじゃないかな?と思って観たけれど、使い古された密室殺人ものとしては、なかなか面白かった。ナゼこの飛行機に、連邦保安官が2名(ビジネスとエコノミーに各1名)が搭乗してたんだろうか?とやや疑問の残る設定はあるとは言え、サスペンスタッチの緊張感のある作品でした。
何か抱えている感の漂うビル連邦保安官は、実はアル中の様子。同僚はなんだか胡散臭い雰囲気が漂う。搭乗者の中には、アラブ系や、熱血漢の雰囲気の漂うもの、チャラ男など。ビルの座席の隣は窓側の席を強く希望する少し変わった女性客・・・
パイロットもCAも、ビルも、みんなみんな怪しく思えてくるところが面白かったです。

-アクション(ギャング・バイオレンス・戦争), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.