ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

CUBE  *キューブ*

投稿日:2009-05-12 更新日:

1997年/カナダ

監督 :ヴィンチェンゾ・ナタリ

CAST:
モーリス・ディーン・ウィント、ニコール・デボアー、
ニッキー・ガーダグニー

<STORY>
密室スリラー。ある日突然、いくつもの立方体の部屋が集まる異空間に監禁された6人の男女。
脱出を計る彼らを一触即発の殺人トラップが待ち受ける

<感想> 評価 ★3
カナダの新鋭監督、ヴィンチェンゾ・ナタリ。
レンタルビデオ店でもレンタル回数上位であり、映画仲間の間でもかなり評判の映画。
興行成績が高かった映画でもないのだが、映画の魅力は十分ある。
理由もなくキューブの中に入れられた6人に息つく暇もなく襲いかかるトラップがTVゲームのようで一気に引き込まれた。有名な俳優が出ているワケでもないのに鬼気迫る6人の表情、感情、動作がすごいのだ。見終わったあとのこの奇妙な気持ちは何だろう。ゲーム感覚で展開されるその世界で感じる人間の悲しさ不安定な精神を思い知らされる映画である。
6タイプの人間を映画内で描かれているだけに自分はどれかのタイプに少々似ている事に気づくだろう・・。
その自分のタイプに近い人間が陥る状況は・・・・悲しいが うなづけたりして・・・

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.