アクション(ギャング・バイオレンス・戦争) シリーズもの 映画評

MISSION : IMPOSSIBLE *ミッション:インポッシュブル(M:i-1)*

投稿日:2009-05-10 更新日:

1996年/米

監督 :ブライアン・デ・パルマ

CAST:
トム・クルーズ、ジョン・ボイド、
エマニュエル・ベアール、ジャン・レノ、
ジョン・ボイト、エミリオ・エステベス、
ビング・レイムズ

<STORY>
謎のスパイ組織IMFのメンバー、イーサン・ハントはCIAの秘密を盗んでいたスパイを逮捕する任務に失敗し、5人の仲間を殺されてしまう。組織のボスに報告したイーサンは、その任務が組織の裏切り者を見つけ出すための罠で、裏切り者はイーサンだと決めつけられる。その場をどうにか逃れたイーサンは、自らの潔白と真の裏切り者を捜すために、裏切り者が求めていたCIAの秘密文書を盗み出し、裏切り者をおびき出す計画を立てる。イーサンは殺されずに無事に帰ってきた元の仲間のクレアと、事件を起こしCIAをクビになった二人の男をメンバーにし、作戦を実行。果たしてイーサンはCIA本部から秘密文書を盗み出すことが出来るのか、そして本当の裏切り者は誰なのか? ※ IMF=インポッシブル・ミッション・フォースの略

<感想> 評価 ★4
ハリウッド超娯楽大作映画。 ヘリコプターが爆破されたり派手なシーンの連発。かと思えば奇想天外なスパイアイテムが数々登場、楽しめる。裏切り者を想像しどんでん返しに驚きながら観て欲しい。
トム・クルーズの本格的アクション作品を観るのはこれが初めてだったが、アクションシーンも十分楽しめる。
有名なシーン、PCからデータを盗む為に部屋の天井から宙づりになるシーンはわかっていてもハラハラ。
ラブストーリーもないのですっきりしていて良い!
そもそも、ミッション・インポッシュブルとは『スパイ大作戦』の映画リメーク版なのだそうだ。
「スパイ大作戦」を知ってる人はまた感想が違うのかも知れないが、知らない世代としては単純に楽しめる。 また、主演のトム・クルーズが企画と製作を兼ね、自身のプロダクション第1回作品として完成させた映画でもある。有名なテレビシリーズのメインテーマを現代風にアレンジしたのがとても良い。

-アクション(ギャング・バイオレンス・戦争), シリーズもの, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.