ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

ONCE *ONCE ダブリンの街角で*

投稿日:2009-06-19 更新日:

2006年/アイルランド

監督:ジョン・カーニー

CAST:
グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ

第80回アカデミー歌曲賞受賞

<STORY>
ダブリンの街角で毎日のようにギターをかき鳴らす男は、ある日、チェコ移民の女と出会う。ひょんなことから彼女にピアノの才能があることを知った男は、自分が書いた曲を彼女と一緒に演奏してみることに。すると、そのセッションは想像以上の素晴らしいものとなり……。

<感想> 評価 ★3
07年のサンダンス映画祭から評判が口コミで拡がり、アメリカでは当初は2館のみ上映だった作品が、140館まで広がったと言う話題の作品をやっと見ました。
映画と言うより、どこの街にでもいるような男女が偶然出会い、惹かれ合い、未来に向き合おうとする姿を自然に撮った作品で、見終わった時にはやわらかな気持ちに満ちました。
音楽と言うものの魅力を存分に出した作品です。
主役のストリートミュージシャンは「The Flames」のボーカル。監督も「The Flames」の元ベーシストだそう。その上、チェコ移民の女性もミュージシャン。本物のミュージシャンが感情を歌にすることが主題の作品なので、やはり心に響くものがあります。
若い男女ではなく、互いに過去にツライ経験があり、背負うものがあるもの同士。けれど現実から逃げずに人生と向き合う方向でエンディングを迎えます。
ラブストーリーですがキスシーンも愛の告白さえもありません。だけど、それが切なくて、よりリアルで良かったです。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.