アクション(ギャング・バイオレンス・戦争) 映画評

LEON *レオン*

投稿日:2009-07-24 更新日:

1996年/米・仏

監督 :リュック・ベッソン

CAST:
ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ダニー・アイエロ、
ゲイリー・オールドマン

<STORY>
殺し以外何も知らずに生きてきた男・レオンは、家族を麻薬組織に殺された少女・マチルダと出会う。
マチルダは復讐のためにレオンから殺しのテクニックを学ぼうとする。
孤独な男レオンと少女マチルダのつかの間の愛。
孤独な二人が徐々に心を通わす演出が切ないアクション映画。

<感想> 評価 ★4
多くの人に好きな映画をあげてと言えば、必ず入ってくる映画ですね。
殺ししか知らない孤独な男=レオンがマチルダと出逢うことで「幸せ」と言うものを実感していくシーンは心にじーんと響きます。スティングの曲と映画の雰囲気がとても合っているし、マチルダ役のナタリー・ポートマンがとても愛らしいです。リュック・ベッソン監督は売れない新人のオンナの子を発掘するのが巧いです。マチルダ役のナタリー・ポートマンもこの作品で一躍有名になりました。また、レオンを追いかけ回すイカれたマフィア役のゲイリー・オールドマンは怪優です。彼の存在もこの作品を魅力的にしています。
リュック・ベッソン監督を語るにも、ジャン・レノを語るにも本作を観ないで語るなかれ!ですね。

-アクション(ギャング・バイオレンス・戦争), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.