アクション(ギャング・バイオレンス・戦争) 映画評

LOCK,STOCK & TWO SMOKING BARRELS *ロック、ストック&トゥースモーキングバレルズ*

投稿日:2009-05-25 更新日:

1998年/英

監督 :ガイ・リッチー

CAST:
ニック・モーラン、デクスター・フレッチャー、
ジェイソン・フレミング、ジェイソン・スティサム、
ビニー・ジョーンズ、スティング

<STORY>
カード賭博の自信が災いしてカサマにかけられ、莫大な借金を負ったエディは借金を返すべく隣の部屋の連中が企む麻薬強奪計画の尻馬の乗って麻薬をせしめようと考える。綿密な(?)計画のおかげでまんまと麻薬をお手に入れた4人は、麻薬を持ち主であるマフィアのボス、ロニーに売りつけようとする。しかしその企みが露見してしまう。
彼等に迫る子連れの取りたて人や、尻馬に乗られたギャング連中も麻薬を取りかえそうとやっきになり事態はどんどんとりとめのない混乱のるつぼに・・

<感想> 評価 ★3.5
"敵を出し抜け"がキャッチコピーの映画。
イギリス色が全面に出たスタイリッシュでシュールな映画です。
この手の映画は好きなひとはたまらないんだろうな~。
私は好きだけどハマまではいかず。
監督はガイ・リッチー。本作以外にブラピが安いギャラでも出演したいと言ったと言う「スナッチ」で注目をされている。

-アクション(ギャング・バイオレンス・戦争), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.