ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

THE MIST *ミスト*

投稿日:2009-06-27 更新日:

2007年/米

監督:フランク・ダラボン

CAST:
トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン
ローリー・ホールデン

<STORY>
メイン州のとある田舎町をある晩突然嵐が襲う。激しい雷雨と強風で家々は破壊されライフラインも途絶えていた。湖のほとりに住むデヴィッドの家も大きな被害にあった。彼は家の修理用品と食料を買出しに行くため息子ビリーと隣人ノートンを連れてスーパーへ車で向かう。スーパーは町の住人が食料を買いだめしようと混雑していた。3人は必要なものをカートにいれ、レジに並んでいると鼻血を出したダンが必死の形相でスーパーに駆け込んできた。『霧の中に何かがいる!』と叫ぶダン。すると町は見る見る内に濃霧で覆い尽くされ、人々はマーケットに缶詰状態となる。

<感想> 評価 ★3
ホラー小説の第一人者であるスティーブン・キング原作の映画化。
S・キング原作ホラー映画は何作観ただろう?そして何度裏切られただろう?
なのにまた見てしまう私・・・。
ネタバレしないでこの映画の感想を語るとしたら、ホラーではあるけれど、
ホラー的怖さはほとんどなく、むしろ、人間の怖さを追求した作品と言う感想ですね。

 以後 ネタバレあり 

今回もまた、「霧の中の何か」と言う未確認物体は、胡散臭いモンスターと言う結果に。
ほんと、異星人とかモンスターとかこの手の原因にはゲンナリしてしまいます。
しかし、今回はほんとうに恐ろしいのはモンスターじゃなく、「人間だ」と言う部分に重きをおいた作品に仕上げてあるのでそう割り切って見れば視点が変わっておもしろくもあり、怖さもあるかも知れません。
人間がパニックに直面した時の精神状態の変化を描いています。
物事を浅はかに考える人。宗教で人々を扇動する人。信念のない人。ガマンのできない人・・・。人間の精神のモロさを露呈していきます。
つまり、理性を失った人間は霧の中に潜むモンスターより遥かに恐ろしいのだと見せつけられます。なんだかマスコミに扇動されてることの多い現代社会をも風刺しているようでもあります。
そしてラスト。
映画のラストは原作と異なるそうです。
このラストは深いです。
待つことが苦手で何でも早く決着をつけたがる私と言う人間に対する戒めがあったように思いました。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.