ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

THE MACHINIST *マシニスト*

投稿日:2009-01-27 更新日:

2004年/米

監督 :ブラッド・アンダーソン

CAST:
クリスチャン・ベール、ジェニファー・ジェイソン・リー、
アイタナ・サンチェス=ギヨン

<STORY>
機械工のトレヴァーは、極度の不眠症で1年間ほとんど眠れずにいた。ある日、トレヴァーは新入りの溶接工、アイバンに気を取られ、仲間の腕を機械に巻き込む大事故を起こしてしまう。しかし、上司や同僚はアイバンという男は存在しないと言う、どういうことなのか?トレヴァーは不信感を抱く。同じ頃、トレヴァーの自宅の冷蔵庫には、身に覚えのない不気味な首吊りゲームの絵が張られていた。誰かが自分を陥れようとしている、そう信じたトレヴァーは、ますます精神を蝕まれていく。

<感想> 評価 ★3
サンダンス映画祭・ベルリン国際映画祭で絶賛されたと言う作品。
ポイントは2つ。ナゼ、トレヴァーが眠れないのか?そして奇妙なことがナゼ起こるのか?随所に散りばめられた不思議な暗号がラストでひとつにつながり明かされるのでストレスは溜まらない。
また、筋骨隆々だったクリスチャン・ベールが命を削ってまで激痩せして望んだと言う映像は見る価値がある。本当に無惨な痩せ具合である。
ただ、クリスチャン・ベールの激痩せ映像が衝撃的な割りにはstoryに刺激がなかった。冒頭にクライマックスを持ってくる手法や謎を自分自身が解いていくパターンはありきたり。しかもラストを見れば散々ひっぱったのにこの方向へ行くのか。じゃ、これはサイコホラーじゃないよな?と言う感じ。
監督は「セッション9」のブラッド・アンダーソン。青い雰囲気の映像に陰湿な空気感を出すのは上手い。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.