SF、近未来 映画評

THE MATRIX *マトリックス*

投稿日:2009-01-27 更新日:

1999年/米

監督 :ラリー&アンディ・ウォシャウスキー

CAST:
キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン
キャリー=アン・モス

<STORY>
プログラマーとして働くトーマス・アンダーソン。しかしその実態は、凄腕のハッカー= ネオ。
ネオは最近、"現実としか思えない夢"に悩まされていた。ある夜、彼は正体不明の美女 トリニティに導かれモーフィアスという男に出会う。そこでネオは恐ろしい真実を聞かされた。人間たちが"現実"だと思っている世界は、実はコンピュータによって支配されている"マトリックス"という仮想現実で、ネオこそがこの世を人類の手に取り戻すことのできる"救世主"だと言うのだ。

<感想> 評価 ★3.5
ストーリーは展開は突拍子もなく、納得できない展開もある為、感情移入するような映画と言うよりも
感覚で楽しみ、映像に驚き、キアヌを堪能する映画と言える。
ハリウッド俳優で1番ハンサムだと思っているキアヌが、かなりスリムになってアクション映画にカムバックした作品なんで、
感想はひと言で決まり!キアヌはカッコイイ~!
「解き放て」← 有名なセリフです。

-SF、近未来, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.