コメディ、ラブコメ 映画評

BEING JOHN MLKOVICH *マルコヴィッチの穴*

投稿日:2009-01-27 更新日:

1999年/米

監督 :スパイク・ジョーンズ

CAST:
ジョン・キューザック、キャメロン・ディアス、
ジョン・マルコヴィッチ、キャサリン・キーナー

<STORY>
クレイグは才能ある人形使い。
妻ロッテとは結婚して10年だが、彼女は勤めているペットショップの動物たちの世話に夢中。
心機一転、定職に就こうと考えたクレイグは、とあるビルの7と1/2階にある小さな会社に職を得る。
ある日彼は偶然、会社のキャビネット裏の壁に小さなドアを見つけた。ドアを開けると穴が1つ。
クレイグはこの穴が、俳優ジョン・マルコヴィッチの“頭の中”に通じていると気づく。

<感想> 評価 ★3.5
話題作だったのと、俳優:ジョン・マルコヴィッチが好きなので見てみました~♪
シュールな映画です。この映画は好き嫌いがはっきりするんじゃないかな?
私はどちらかと言うと好きな方です。
私のよく聞くFMのDJがこの映画の紹介をするとき、
”マルコヴィッチ マルコヴィッチ マルコヴィッチ マルコヴィッッチ”
っと繰り返していたのですが・・・・映画を見ればその謎が解けます。
また、この映画の魅力は、至る場所に有名俳優さんが出演しいるところです。
私が気づいた中では、チャーリー・シーン / ブラット・ピット/ ウィノラ・ライダー / ゲーリー・シニーズ・・・ナドなど
友情出演している俳優達を探すのも楽しみな映画です。

※ ちなみに・・・・
大阪モード学園(東京では東京モード学園か?)のCMで、ゴミの山のようなところに学生が空から降ってくるって言うCMがあります。(ない地域のひとごめんなさい)
このCM、絶対「マルコヴィッチの穴」の映画から1シーンパクったな?と確信してます。

-コメディ、ラブコメ, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.