ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

VOLVER *ボルベール(帰郷)*

投稿日:2009-01-27 更新日:

2006年/スペイン

監督 :ペドロ・アルモドバル

CAST:
ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、
ロラ・ドゥエニャス、
ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ

<STORY>
10代のころ母親を火事で失ったライムンダは、失業中の夫と15歳の娘パウラのために日々忙しく働いていた。ある日、田舎の叔母の家で火事で死んだはずの母親が生きているといううわさを耳にする。そんな中、肉体関係を迫ってきた父親を、パウラが殺害してしまうトラブルが発生する……。

<感想> 評価 ★4
私の中で、ペネロペ・クルスの最高傑作、ペドロ・アルモドバル監督作品の中でNO.1作品です。
素晴らしい映画です。ぜひ30代以上の女性に観てもらいたい。

ハリウッド作品に数多く出演し、清楚なお嬢様役から、はすっぱな役まで意外にも幅広い演技を見せ、確実に実力派女優と成長しているペネロペですが、やはり彼女はスペイン映画の中で輝きます。
実は、スペイン映画、アルモドバル監督作品が好きだから観たに過ぎず、母親役のペネロペには期待していなかったのですが、冒頭からペネロペ、すっかり母親でした。そして、時に「妹」を、「娘」を「女」を、生々しいほどリアルに見せてくれました。
特に、ペネロペが哀切に歌う「ボルベール(帰郷)」は最高です。(吹き替えじゃないよね?)
女に生まれたことの悲しい性、女として生まれたことの喜び、母への慕情。そして疎ましく嫌いだった故郷への慕情を歌うボルベール(帰郷)。この一曲にすべてが集約されていたようで心にしみました。私が今の年齢になったからこそ深くこの映画を理解できたんだと思います。

Story展開も(サスペンス?)と思わせて引きつけたりしていい脚本だと思います。もちろんサスペンスじゃないので展開はすっかり読めてしまいますがそれでも十分に味わえます。
ボルベール(帰郷)として描かれているのはスペインのラマンチャ。アルモドヴァルの故郷でもあるそうです。
アルモドヴァルらしいスペイン色彩(赤色)がすてきで映像も楽しめました。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.