ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

PHONE BOOTH  *フォーン・ブース*

投稿日:2009-01-28 更新日:

2003年/米

監督 :ジョエル・シュマッカー

CAST:
コリン・ファレル、キーファ・サザーランド、
フォレスト・ウィティロー、ラダ・ミッチェル

<STORY>
ニューヨーク・タイムズスクエア。携帯電話片手に街を練り歩くスチュ-は、自称一流のパブリシスト。いつものように口八兆でクライアントとの商談をまとめたスチュ-は、携帯をしまうと街角の電話ボックスに入る。電話の相手は売出し中の女優パメラ。仕事を餌に誘いをかけるがパメラの態度はつれない。しぶしぶ電話を切り電話ボックスから出ようとしたとき、公衆電話のベルが鳴る。思わず電話に出てしまうスチュ。その耳に不気味な声が…電話を切ったら殺す。それは苛酷なゲームの始まりだった。

<感想> 評価 ★4
街角にある電話ボックス(フォーン・ブース)と少ない俳優人、お金をかけなくても、これだけハラハラするサスペンスが作れるんだと感嘆する。しかも時間は81分!ぎゅっと濃縮された作品である。主人公は2003年超売れっ子のコリン・ファレル。スタントマンなしでアクションをこなすと有名なコリンとは違い、ひたすら<静>の演技で魅了する。
この映画は見る価値あり。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.