SF、近未来 映画評

ARMAGEDDON *アルマゲドン*

投稿日:2009-02-01 更新日:

1998年/米

監督 :マイケル・ベイ

CAST:
ブルース・ウィルス、ベン・アフレック、リヴ・タイラー

<STORY>
6500年前に地球に衝突して恐竜を絶滅させたと言われる巨大隕石。
ある日、ニューヨークは隕石群に襲われ壊滅的打撃を受ける。
しかし、それは、テキサス州と同等の大きさの超巨大隕石が地球に接近している前触れだった。
地球へ衝突すれば、人類は生存できない。
人類の未来は、石油採掘で失敗が一度もない男 ハリー・スタンパー(ブルース・ウィルス)の手に委ねられる。

<感想>評価 ★3.5
聖書に出てくる「アルマゲドン(ハルマゲドン)」。
世紀末映画というものはたくさんあるけど、親子愛を絡めているところがウケタのだろう大ヒット映画となった作品。
これから地球は、宇宙空間を漂う小惑星やら隕石が地球に衝突する確率はかなり高いらしい。
ソレを題材にしたワケだが、話の筋書きが読めたりもするので・・・ちょっとハマルところまで私はいかなかった。
ラスト近くでは、ブルース・ウィルスとリブ・タイラーのやり取りで涙を流してしまうパパがいるかなぁ?(笑)
ま、SFXもの苦手な私でも 見れた映画です。

-SF、近未来, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.