アクション(ギャング・バイオレンス・戦争) 映画評

AMERICAN GANGSTER  *アメリカン・ギャングスター*

投稿日:2010-02-01 更新日:

2007年/米

監督 :リドリー・スコット

CAST:
デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、ジョン・オーティス

<STORY>
1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バンピーの右腕として仕えてきたフランク・ルーカス。彼はバンピー亡き後、ボスの座を引き継ぎ、自らの帝国を築き上げようと決意。そして、東南アジアから純度100パーセントのヘロインを直接仕入れる。独自ルートを開拓し、それらを“ブルー・マジック”のブランド名で市場へ売りさばくことに成功したことから、フランクは瞬く間に麻薬王として君臨していく。
一方、ニュージャージーの警察に所属する刑事リッチー・ロバーツ。彼は、警官の汚職がまかり通っていたこの時代に潔癖な仕事を貫いていたため、周囲から疎まれ孤立していた。また私生活では元妻と養育権で係争する傍ら、司法の道を目指している。そんな彼はある時、検察官からエセックス郡麻薬捜査班のチーフに抜擢される。やがて大衆に蔓延するブルー・マジックの捜査を進めるうち、フランクの存在に辿り着くリッチーだが…。

<感想> 評価 ★3
実在の人物・現実にあった出来事の映画化なので、Storyを楽しむと言うよりも、フランク・ルーカスとリッチー・ロバーツふたりの人物像・生き様を味わう作品として見ました。157分、長いです。
冒頭から1/2はフランク、リッチーそれぞれのベース紹介がメインなんで眠くなってしまいましたが、後半、巨万の富を築いた麻薬王と正義をつらぬく刑事の激突は見応え十分でした。
基本、映画のあらすじを深く知らずに映画を見てしまう私ですが、こう言う実話に基づく作品の場合は、人物像や相関図を頭に入れて見る方が理解しやすいかも知れません。
それぞれの立場で正義を貫こうとする男同士には対極の立場であっても根底の部分では通じるものがあるのかも知れません。
俳優で見る作品とも言えますが、キャストには不足なしでした。

-アクション(ギャング・バイオレンス・戦争), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.