ファンタジー 映画評

WATCHMEN *ウォッチメン*

投稿日:2009-02-02 更新日:

2008年/米 R-15指定

監督:ザック・スナイダー

CAST:
ジャッキー・アール・ヘイリー、パトリック・ウィルソン
ビリー・クラダップ、マリン・アッカーマン
マシュー・グード

<STORY>
ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機…。かつて世界で起きた数々の事件の陰で、<監視者>たちがいた。彼らは人々を見守ってきたヒーローであり、“ウォッチメン”と呼ばれていた。そして今、一人の男が暗殺されたことからすべては始まった。殺害現場に残された血が付いたスマイル・バッジ。殺されたのはかつてのウォッチメンだった…。その事件を不審に思い、真相をかぎ回りはじめた“顔の無い謎の男”。彼が事件を追いかけていく先々で、かつてのヒーローが次々と殺されていく…。

<感想> 評価 ★2.5
あのぉ~、この作品はいったい何なんでしょうか?
私がこの映画のCMを見て感じた印象は「リーグ・オブ・レジェンド 時空を越えた戦い」のような昔しなつかしのアメコミヒーローが登場して問題解決!世界平和を救う!だと思っていました。なのに、内容はまったく違います!むしろ社会派風作品。
誤解を生むようなCMはやめてほしいもんです。
と、言うことで見始めた最初はR-15納得の過激なシーンで興味をひいてくれたものの、どんどん失速・・・おもしろくない、意味わからん・・・眠気に何度も襲われました。
けれども、じゃあ駄作か?と問われればそうでもなく、評価がとてもむずかしいです。
深いテーマがあって作品の世界観がわかったり、好きだったりすると楽しめるような気がするのです。
私はまったく理解できずに終わってしまいましたが。
映画には私の好きな俳優「あの頃ペニー・レインと」で惚れてしまったビリー・クラダップが出演していましたが、役柄がDrマンハッタンで、全身が青いだけで表情さえもわからない役柄だったので認識もできなかったです(爆)

-ファンタジー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.