ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

THE EXORCISM OF EMILY ROSE *エミリー・ローズ*

投稿日:2006-02-02 更新日:

2005年 アメリカ/フランス

監督:スコット・デリクソン

CAST:
ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、
ジャニファー・カーペンター 

<STORY>
19歳の女子大生、エミリー・ローズ。ある晩の午前3時、彼女は突然恐ろしい幻覚に襲われ、凄まじい癬攣を引き起こす。自分に何かが取り憑いていることを確信した彼女は、医学ではなくムーア神父に自らの運命を託す。しかし、神父の献身的な努力の甲斐もなく、悪魔祓いの儀式の後、エミリーは命を落としてしまう。やがて、過失致死罪で起訴された、ムーア神父の裁判が始まった。全国民が有罪だと信じる中、敏腕弁護士のエリンと出会った神父は、エミリーの身に起こったことを法廷で語り始める。証拠品として提出された悪魔祓いを記録したテープと死の直前に彼女が書き残した1通の手紙が裁判を衝撃の結末へ導いていく・・・。

<感想> 評価 ★3
実際にあった事件・裁判をもとに作られた映画で、ホラーの要素も併せ持つ法廷劇。「悪魔祓い」と言う情報で「エクソシスト」を期待すると裏切られる。
しかし、エミリーを演じるジェニファー・カーペンターの憑かれた演技はやっぱり怖い。硬直した関節や発狂はホラー映画の迫力十分。ただ、衝撃的な展開がないのでもう一歩と言う感じが残るが実話なので仕方ない。
神父の弁護士役のローラ・リニーは良かった。彼女には知的な女性役が似合う。「ラブ・アクチュアリー」でもとってもステキな女性を演じていた。これからも彼女には注目。エミリーを演じた女優にも。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.