スポーツ 映画評

THE ROOLIE *オールド・ルーキー*

投稿日:2004-02-02 更新日:

2002年/米

監督 :ジョン・リー・ハンコック

CAST:
デニス・クエイド、レイチェル・グリフィス、
ブライアン・コックス、ベス・グラント、
ジュイ・ヘルナンデス

<STORY>
35歳のジム・モリスは10年前に一度はメジャーリーグの投手としてプロ契約するが、肩を故障し断念。今は妻のローリーと3人の子供と暮らし、地元テキサス州の高校で教師をしていた。高校野球チームの監督だけが唯一の野球との接点だったが、弱小チームの上、夢を失ってる選手達に「夢を持て」と語る。しかし、選手達から「剛速球を持ちながら夢を諦めているのはコーチの方だ」と言われ、チームの地区優勝と自分が大リーグを目指す事を約束する。チームはコーチの剛速球のバッティング練習が効をなし地区大会で優勝。ジムは本気で大リーグへの挑戦を考えることになった。

<感想> 評価 ★3
父親との確執を生んでしまった少年時代から主人公が大リーグに挑戦するきっかけとなった野球部員との関わり、そして大リーグのマウンドで投げるまで丁寧に描かれている。
弱小野球チームが地区大会で優勝し、35歳なのに傷めた肩が完治した上に剛速球を投げられるようになったなんて(ほんとかよぉ)的なところはあるが実話なのだから受け入れるしかない。
ジムが妻に内緒で子供3人を連れて大リーグの入団テストを受けに行くシーンが良かった。オムツ交換しながらマウンドで156キロ投げるんだからおかしくてカッコイイじゃないか!入団テストには合格したものの、剛速球を投げても即メジャーリーグではなく現実はマイナーリーグからのスタート。なかなか結果が出ず、家族の生活の心配と自分の夢とを天秤にかけて苦しみながらも黙々とマイナーリーグで投げ続けるジムが切実で心にぐっときた。ジム・モリスの人生ドラマとして考えると、野球部員との関わりに必要以上に時間を割くより、最初に肩を痛めて大リーグを引退した経緯があった方が良かったようにも思った。

-スポーツ, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.