ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

WHALE RIDER *クジラの島の少女*

投稿日:2004-02-03 更新日:

2002年/ニュージーランド

監督 :ニキ・カーロ

CAST:
ケイシャ・キャッスル=ヒューズ 、ラウィリ・パラテーン 、
ヴィッキー・ホートン 、 クリフ・カーティス

<STORY>
ニュージーランドの小さな村。マオリ族の長、コロは、勇者パイケアの伝説を信じ、後継者となる男子を待ち望んでいた。コロの長男・ポロランギに双子が生まれるが、男の子は死に、ポロランギは残された女の子にパイケアと名付ける。それを受け入れられないコロも、孫娘の成長とともに愛を覚えていった。しかし、後継者は男子と頑なに信じるコロは、部族の訓練に参加しようとするパイケアを激しく拒絶する。悲しみに沈むパイケアの前に、浜辺に打ち上げられたクジラの一群が横たわる…。

<感想> 評価 ★4
一千年前、遠くハワイキから新天地を求めて旅立った勇者パイケアが、クジラに助けられ、導かれて、この地にたどり着いたという伝説を残すニュージーランド(NZ)・北部東海岸のファンガラのマオリ族の村が舞台。
マオリ族とはNZの先住民族。ラグビーの試合前などに"ハカ"と呼ばれる感情を鼓舞する男の儀式を行ったりしているので割りとメジャーな民族だと思う。しかしマオリは男が伝統を伝承していくと言う完全なる「男社会」で今日まできたらしい。本作品は、現代のマオリ族の置かれている現状と、伝統を伝承しようとするマオリ族の長との確執と和解を描いている。
私はNZへ旅行したことがあり、マオリに関する知識があったので映画の中で出てくるマオリの集会場や伝統武道など興味を持って観ることが出来た。
映画初出演と言うマオリ族の少女・ケイシャ・キャッスル=ヒューズは、喜びと悲しみを絶妙に表現した輝く瞳が素晴らしく、映画の中に流れる神聖な空気や民族の誇り、家族との関係の中のパイに素直に感情移入できた。また、本作の監督はマオリ族の女性監督ニキ・カーロである。
NZの青い海、草原、素晴らしい自然も存分に味わう事のできる素晴らしい作品です。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.