ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

GREEN CARD *グリーン・カード*

投稿日:2000-02-07 更新日:

1990年/米

監督 :ピーター・ウィアー

CAST:
ジェラール・ドバリュデュー、アンディ・マクダウェル

第48回ゴールデングローブ賞ミュージカル/コメディ部門作品賞受賞
第48回ゴールデングローブ賞ミュージカル/コメディ部門主演男優賞
   (ジェラール・ドバルデュー)

<STORY>
園芸家のブロンディー(アンディ・マクダウェル)は、独身。
既婚者用の温室付きのアパートの入居許可書が欲しくてたまらない。フランス人のジョージは、アメリカでの労働許可証が欲しい。条件のそろったふたりは、書類上だけの夫婦となった。
だが、その結婚を、入国管理局は怪しみ、調査をすることになる。手に入れた環境を捨てたくないふたりは入国管理官の審査だけクリアするために一旦同居することにするが衝突してばかり。
でも、いつしかお互いを知っていくうちに愛する感情が生まれ始める・・・。

<感想> 評価 ★4
この映画を私は21歳の頃に映画館で見た。
偶然暇な時間ができて見た映画だったのに、とても気に入った映画の1本として今でも好きな映画として記憶に残り続けている。そんなに良いの?と聞かれれば返答に悩むが私の感性は好きと答える。時間も1時間半だし、女優のアンディ・マクダウェルもいい。フランス俳優ジェラール・ドバリュディーュも素晴らしい演技を見せている。で、5回以上は見ている。
今まで生きてきた自分の人生、自分が好きになる男性が1番だと信じて疑わなかったブロンティーがジョージと言う型破りな今まで会ったことがない男性と出会い、自分の違う面を見つけていく過程が見ていて心地いいんだと分析している。NY・セントラルパーク・・・憧れの街も楽しめる。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.