ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

GOTHIKA  *ゴシカ*

投稿日:2005-02-07 更新日:

2003年/米

監督 :マシュー・カソビッツ

CAST:
ハル・ベリー、ペネロペ・クルス、
ロバート・ダウニー・Jr.、
チャールズ・S・ダットン

<STORY>
ウッドワード女子刑務所の精神科病棟で働く医師ミランダ(ハル・ベリー)は、女囚クロエ(ペネロペ・クロス)の治療を担当している。自分は悪魔に陵辱され、その意志で父親を殺したというクロエの言葉は、ミランダの理解を超えていた。そんなある晩、帰宅途中のミランダの車の前に見知らぬ少女が立ち塞がる。間一髪で事故を避けたミランダは少女に駆け寄るが、次の瞬間には病室のベッドの上で目覚めていた。混乱するミランダに告げられた驚愕の事実――彼女は夫を殺害し、錯乱状態でこの病室に収監されたというのだった。

<感想> 評価 ★3
モダンゴシックホラーと言うジャンルに分けられる作品らしい。本作品はホラーと言うよりも雰囲気で怖がらせるつくりなので「サイコサスペンス」系とも言える。
精神分析医が幽霊(亡霊!?)に取り憑かれたことによって殺人を犯し、逆に精神異常者として収監されてしまうワケで立場が逆転し、人に信じてもらえない怖さはオカルトとはまた違う恐怖だ。最後に少女はナゼ、ミランダに取り憑いたのかと言う謎は解けるのでモヤモヤは残らないが本気で考えて観る映画ではない作品。
ちなみにこの映画の制作はダーク・キャッスル・エンターテイメント。この制作会社のファンも多いらしい。他に「13ゴースト」「TATARI」「ゴースト・シップ」がある。

ネタバレ ↓

最初に怪しいと思った人物はシロで味方だと思ってた人物が最大に怪しいと言うセオリー通りの展開でした。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.