ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

COFFEE AND CIGARETTES  *コーヒー&シガレッツ*

投稿日:2005-02-07 更新日:

2003年/米

監督 :ジム・ジャームッシュ

CAST:
スティーブ・ブシェミ、ケイト・ブランシェット

<STORY>
待ち合わせして会ったのに、大して話もできず居心地悪そうなロベルトとスティーブン。ジョイ&サンキ・リーは、変な顔の店員スティーブ・ブシェミに付きまとわれる。イギーとトムはおかしな自説で禁煙を破り、パリでは、アレックスとイザックが「問題なし」の押し問答。メグとジャックは共鳴体の実験中で、ビル・マーレイは深夜のカフェでアルバイト。2人の熟練俳優は、撮影の合間にコーヒーとタバコで人生を祝う。取り留めのない会話でおくる、全11篇。

<感想> 評価 ★3
11個のショートストーリー。
(変な出会い)ロベルト・ベニーニ、スティーブン・ライト
(双子)ジョイ・リー、サンキ・リー、スティーブ・ブシェミ
(カリフォルニアのどこかで)イギー・ポップ、トム・ウェイツ
(それは命取り)ジョー・リガーノ、ヴィニー・ヴェラ、ヴィニー・ヴェラ・JR
(ルネ)ルネ・フレンチ、E・J・ロドリゲス
(問題なし)アレックス・デスカス、イザック・デ・バンコレ
(いとこ同士)ケイト・ブランシェット
(ジャック、メグにテスラコイルを見せる)メグ・ホワイト、ジャック・ホワイト
(いとこ同士?)アルフレッド・モリーナ、スティーブ・クーガン
(幻覚)GZA、RZA、ビル・マーレイ
(シャンパン)ビル・ライス、テイラー・ミード

この作品、登場人物を知っていたら、絶対楽しめるんだろうなぁ。残念ながら(誰?)って人が多くて11本全部がおもしろかったとは言えない。意味不明だったり、観てて飽きてしまう作品もあったけれど「カリフォルニアのどこかで」の絶頂期を過ぎたミュージシャン同士のイギー・ポップとトム・ウェイツの会話には笑えたり、ひとり二役とは思えないほどの役のなり分けを見せるケイト・ブランシェットの「いとこ同士」、「スパイダーマン2」で悪役タコおじさんのインパクトが強いアルフレッド・モリーナが英国出身のコメディアンでTVタレントのスティーブ・クーガンに過去を辿ったらいとこ同士だったと迫る「いとこ同士?」もシュール。ニコチン中毒・カフェイン中毒を批判される健康ブームの昨今に逆行しての本作品にバンザイ(笑)
ちなみに、「カリフォルニアのどこかで」はカンヌ映画祭の短編部門最高賞も手にしている。至福のリラックス・タイムと言う感じの映画です。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.