ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

COLLATERAL *コラテラル*

投稿日:2005-02-07 更新日:

2004年/米

監督 :マイケル・マン

CAST:
トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、
マーク・ラファロ、ジェイダ・ピンケット

<STORY>
平凡な日々を送るタクシー運転手マックス(ジェイミー・フォックス)は、プロの殺し屋とは知らずに、一見紳士風のヴィンセント(トム・クルーズ)から、多額のチップと引き換えに、一晩のドライバー役を頼まれた。しかし、ヴィンセントが殺し屋であることを知らされ、死体をトランクに積んだまま、ハンドルを握ることを強要される。

<感想> 評価 ★3.5
コラテラル=巻き添え。題名通りに、たまたま乗せた客の秘密を知った為に客の運命にどんどん巻き込まれていくStory。テンポがよく、トム・クルーズが精密機械のように殺人を犯す、感情なくどんどんと。予想外のコトにも動じない。その時の環境に自分を合わせて変化していく(映画中では「ダーウィンの法則だ」とトムが話すが)そのスタイルがとてもクール。反対にジェイミー・フォックスは自信がなく気弱。夢はあるが実現をさせる為に行動することもなく夢見るだけの男を演じ、対比させている。そんな殺人マシーンのトムのクールさが一瞬崩れるフィーバーと言う店でのシーンが良かった。また、映画全体に流れる空気感や情景がとても良い。終盤の夜明け前にタクシー運転手と客の間柄で疾走するシーンはとても印象的。やるせない音楽と、LAの街中に現れる野生のコヨーテとのコントラスト。ヴィンセントの存在をその場面に凝縮したような映像が胸に迫ってきた。ラストは意外な(と言うか想像通り)の展開だが、それはそれで許せる。
トム・クルーズを見る為にこの映画を観るとイマイチかも知れない。主役がふたりの映画で、良いところはジェイミー・フォックスが演じているから。いち俳優としてトムを見た場合、殺人マシーンに徹する姿がクールを越えているし銃を乱射する場面などさすが。空気感を好きになれたら評価はあがる映画だろう。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.