ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

THE CIDER HOUSE RULES *サイダーハウス・ルール*

投稿日:2001-02-08 更新日:

2000年/米

監督 :ラッセ・ハルストレム

CAST:
トビー・マグワイア、シャーリーズ・セロン、
デルロイ・リンド、ポール・ランド
マイケル・ケイン、エリカ・バドウ

<STORY>
孤児院兼医院で育ったホーマー(トビー・マグワイア)は、何度養子に行っても問題が起きてまた孤児院に戻ってきた子供だった。孤児院の院長で、医師であるラーチ医師は、ホーマーを特別な子供として可愛がり、彼に医術を教え込む。ある日、中絶の手術を受けにきた女性キャンディとその恋人ウォリーと知り合うことになる。初めて孤児院外の人と接触を持ったホーマーは、生まれて1度も自分の意志で出たことのない孤児院を出ることを決意する。海の見える町で、彼は林檎園で働くき、共同生活小屋(サイダーハウス)で生活を始める。彼にとって外の世界は何もかもが新鮮で、そこで彼は人間的に成長していくのだった。

<感想> 評価 ★3
私が好きな『ギルバート・グレイプ』を撮った監督:ラッセ・ハルストレム作品。
映像の青白い雰囲気はラッセ・ハルストレムらしい静かなイメージの映画でしたが、私の趣味ではなかったかも。
感情を表に出さない押さえた演技で、「ギルバート・グレイプ」の雰囲気はあったけれど、私は、ホーマーを演じたトビー・マグワイヤの演技には惹かれずイマイチな評価になってしまいました。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.