ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

REIGN OVER ME *再会の街で*

投稿日:2007-02-08 更新日:

2007年/米

監督 :マイク・パインダー

CAST:
アダム・サンドラー、ドン・チードル
リヴ・タイラー

<STORY>
アラン・ジョンソンはニューヨークで働く歯科医。最愛の妻と可愛い子供たちに囲まれ、幸せな日々を送っていた。ある日、アランは学生時代のルームメイト、チャーリー・ファインマンを偶然に街で見かける。アランは、5年前にチャーリーの身に起こった悲劇を新聞記事で知り、消息が気になっていたのだった。しかし、再会を果たしたチャーリーは、すっかり変わってしまっていた。人とのかかわりを断ち、音楽とゲーム、台所のリフォームで、なんとか精神のバランスを保っている状態。
一方の、アランも何不自由ないようにみえるが、同じビルで開業する精神科医・アンジェラを仕事帰りに待ち伏せし、「友人の相談」と称して自分の身の上話を繰り返している。
チャーリーとアラン。二人は互いを必要としていた──。

<感想> 評価 ★3
9.11をベースにした映画には「ワールド・トレード・センター」や「ユナイテッド93」などがあるが、本作は、9.11を「感情」と言うもので表現し、丁寧に描いた作品でした。

9.11を境に人生を大きく狂わされ、家族を失ってしまった計り知れない哀しみと苦しみを、アダム・サンドラーが深みのある演技で見せてくれてます。A・サンドラーと言うとコメディの印象が強いけれど、本作では(ほんとにアダム・サンドラー?)と思うほど素晴らしいです。
チャーリーを心から心配するアランの抱える空虚感や悩みは同年代なら納得できるもの。人生半ばを過ぎ、何を目標にどうあるべきか・・・。
それぞれが何らかの喪失感を感じているもの同士が、互いの友情を再確認しながら再生していく姿を9.11をベースにしているのに重くも軽くもならない絶妙なバランスで描いてあり、見終わったあとに温かい気持ちにもなれる良い映画でした。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.