ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

THE SHINING *シャイニング(コンチネンタル・バージョン)*

投稿日:2000-02-08 更新日:

1980年/米

監督 :スタンリー・キューブリック

CAST:
ジャック・ニコルソン、シェリー・ヂュバル、
ダニー・ロイド、スキャット・クローザース、
バリー・ネルソン

<STORY>
コロラド山中のホテルの冬季管理人を引き受けた作家のジャック。雪に閉ざされ尋ねる者もない冬のホテルは執筆活動に最適だと彼は考えたのだ。さっそく妻と息子を連れてホテルにやってきたジャック。しかし、実はそこは前任の管理者が娘二人と妻を惨殺したといういわく付きの場所であった。やがて彼はホテルが持つ不気味な魔力にとらわれていき…。

<感想> 評価 ★3
スティーブン・キングの同名小説をキューブリックが映画化した傑作ホラー。
S・キューブリック監督がこの世に「シャイニング」を出してから30年近い歳月が過ぎようとしている。改めて見るとちっとも怖くなかったし、グロくもない殺人シーンだったけれど、徹底的な効果音による恐怖感への盛り上げ方、色のコントラストによる恐怖感の高め方など当時にすれば斬新だったのだろう。そして現在のホラー系の映画の原型はシャイニングが使っている手法のバージョンアップ版だ。
ジャケ写にもなっている人間性を失って完全に取り憑かれ殺人マンになったジャック・ニコルソンの表情はホンマに強烈。今に時代にはゆる~い恐怖映画ではあるけれど、素晴らしい芸術作品です。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.