ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

THE SHAWSHANK REDEMPTION *ショーシャンクの空に*

投稿日:2000-02-08 更新日:

1994年/米

監督 :フランク・ダラボン

CAST:
ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、
ボブ・ガストン、ウィリアム・サンドラー

<STORY>
無実ながら妻を殺した容疑で逮捕されたアンディー(ティム・ロビンス)は、終身刑を言い渡される。アンディーは自分の生き方、雰囲気をけして崩さずにいたため、監獄の中で、彼は執拗に嫌がらせを受けるが、耐え続けた。何かが彼を支えていたのだ。彼は調達屋レッド(モーガン・フリーマン)に、趣味のために岩を削る用のハンマーを取り寄せてくれるよう、頼む。彼は監獄に居ながら常に希望を持ち続け、周りの人々にもその大切さを訴えていった

<感想> 評価 ★4
スティーブン・キングの原作の映画化。
スティーブン・キング原作作品は、他に『グリーン・マイル』 『スタンド・バイ・ミー』 『ゴールデン・ボーイ』などがある。
この『ショーンシャンクの空に』は、「感動の映画」っと言うとかならず上位に入ってる映画である。私の中では1番には入らないが名作には違いない。出来る限りお涙頂戴ものにしてないところに、共感は持てるが、なんで最後は脱獄なんだろ?って思うけど・・・ 

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.