アクション(ギャング・バイオレンス・戦争) シリーズもの 映画評

THE DARK KNIGHT *ダークナイト*

投稿日:2009-02-08 更新日:

2008年/米

監督 :クリストファー・ノーラン

CAST:
クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、
ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、
マギー・ギレンホール、マイケル・ケイン、
モーガン・フリーマン、キリアン・マーフィー
ウィリアム・フィクトナー

<STORY>
ジョーカーと名乗る素性不明の男が、ゴッサムシティーに現れた。銀行強盗を犯す際には部下ですら躊躇なく殺害するなど、殺人に対する抵抗がまったくない。殺人を嬉々として楽しみ、他人を不幸に突き落とし嘲笑うことに喜びを感じる狂気の男である。 一方、バットマンはゴードン署長と組んでゴッサムに蔓延るマフィアを撲滅すべく暗躍する。 まずは資金洗浄を行っていた市内の銀行を次々に摘発し、マフィアの資金源を断つことに成功。 「光の騎士」として尊敬される正義漢の検事ハービー・デントもそれに加わり、ゴッサムを平和な町にすべく奮闘する。ブルースはデントこそがゴッサムを平和に導く次代のヒーローだと確信し、 バットマン引退を考え始める。その頃、ジョーカーはマフィアに接触し、バットマンの殺害を予告する・・・。

<感想> 評価 ★4
152分。俳優の圧倒的な存在感と作品に漂う重厚感・悲壮感がハンパなく、「アメコミ映画」の概念を越えた一級品です。心からH・レジャーがこの世を去ったことを残念に思います。
公開当初、本作が「バットマン」シリーズと知らなかったぐらい宣伝でも「バットマンシリーズ」であることをフューチャーしていません。もちろん、「バットマン」を知っている方が楽しめるでしょうが、基本情報さえわかっていれば過去作品を知らなくても十分理解できるし楽しめる1作として作られています。

以前から、アメコミ映画なら「スパイダーマン」より「バットマンシリーズの方が深い」と言われ続けていましたが、どうにも興味が持てず、何とか観た「バットマン」はジャック・ニコルソンがジョーカーを熱演してる「バットマン」。作品自体、「アメコミ」の雰囲気を残した作品だったので、名優:ジャック・ニコルソンが悪役の中にちょっとマヌケな面のある、どこかアニメや特撮シリーズの悪者役の雰囲気の残るジョーカーを演じていた印象があります。しかし、H・レジャー演じるジョーカーは、ピエロ風メイクなのに一切笑えない、むしろ逆に鳥肌の立つような恐怖感をジワジワ感じさせるジョーカーで、見終わって数日経った今も、言葉にできない「興奮」みたなものが残っています。
ぜひこの世界に浸りきって観てもらいたいです。

また他の楽しみ方としてちょぃ役で豪華な俳優が出演しているのもあるでしょう。数分の役柄にウィリアム・フィクトナー(プリズン・ブレイクのマホーン役)。一瞬のカットにキリアン・マーフィーなどです。
最後にH・レジャーのジョーカーは本当に素晴らしかった。元々好きな俳優でしたが本格的悪役をコレだけ演じられる実力がありながら、この世を去ってしまったことを本当に残念に思います。もっと違うH・レジャーを観たかった。

-アクション(ギャング・バイオレンス・戦争), シリーズもの, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.