シリーズもの ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

DAISY *デイジー*

投稿日:2007-02-09 更新日:

2006年/韓国

監督 :アンドリュー・ラウ

CAST:
チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、チョン・ホジン、
イ・ソンジェ、デビッド・チャン

<STORY>
オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。ヘヨンは名前も姿も知らないデイジーの送り主こそ運命の恋人だと信じていた。そんなある日、 ヘヨンの肖像画の客にジョンウ(イ・ソンジェ)が現れる。ヘヨンはジョンウがデイジーの花鉢を持っていたことから運命の相手だと思いこみ、彼に惹かれる。しかし、デイジーを贈っていたのはジョンウでなかった。デイジーの送り主はヘヨンの毎日を人知れず見守り続ける男パクウィ(チョン・ウソン)。そしてパクウィはプロの暗殺者だった。

<感想> 評価 ★3
「インファナル・アフェア」の監督作品、ちょっといいオトコ、チョン・ウソンが主役と言うことで鑑賞。予想以上のラブストーリー。
Storyの中で登場人物やその背景について説明されるので、予備知識なしで見てもOK。同じシーンを3人の視点から描いたり、3分割にされたシーンなど少し変わったコマ割りは良かった。
ただ、早い段階でヘヨンが声を失ってしまうので、2/3は静寂中心。クラッシックが流れ表情で気持ちを表現と言う展開が多く、感情移入出来ていないと眠気を誘われてしまうかも。
アムステルダムの街並み、運河、田園風景、デイジーの花がとても美しく心惹かれたが、ナゼ韓国映画なのにオランダ?と言う感じは残る。お互いが惹かれあっているのに運命のイタズラで離ればなれになったり、絶妙なタイミングで3人が鉢合わせしたりと韓流的に話しが進む。
私は感情移入できずに淡々と観てしまったんで、ヘヨンは思いこみの激しい心を閉ざした女性で、チョン・ウソン演じるパクウィはクールな殺し屋だがまさにヘヨンのストーカー!カッコイイから許せるものの、私はストーカーっぷりに引いてしまった。また、刑事がパクウィを殺し屋とわかった理由がわからないし、そのため刑事対殺し屋の接触シーンに緊迫感が感じられず、最後の銃撃戦もとってつけたようで三人の切ない運命にイマイチのめりこめずに終わってしまった。
私は、チョン・ウソンよりむしろイ・ソンジェの方がステキに見えた。
ちなみに、この作品には「デイジー アナザーバージョン」と言う別編もあり、暗殺者パクウィの視線からみた作品に仕上げてあるらしい。本作品が気に入っていたり、ウソンファンは「アナザーバージョン」も見る価値ありとの噂。「デイジー」で(?)と感じたシーンの詳細がわかったりするらしい。

-シリーズもの, ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.