ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

TESIS *テシス 殺人論文 次に私が殺される*

投稿日:2003-02-09 更新日:

1995年/スペイン

監督 :アレハンドロ・アメナバール

CAST:
アナ・トレント、フェレ・マルチネス
エドゥアルド・ノリエガ、ロビン・ショウ

<STORY>
実際の殺人映像=スナッフ・フィルムを題材にしたサスペンス・スリラー。
映像学科の女子大生アンヘラの担当教授が殺され、現場に居合わせた彼女は教授の見ていたビデオテープがスナッフ映像であることを知る。同じ学科のオタク青年とともに調査を進めるうちに、大学の書庫にスナッフ・ビデオが大量に隠されていたことを知る。

<感想> 評価 ★3
アレハンドロ・アメナバール監督23歳の時のデビュー作品と言うことで、ずっと見たかった映画がやっとTSUTAYA DISCASに登場!即レンタル。
期待しすぎると肩すかしを食らうがなかなかの作品だと思う。犯人予想を二転三転させる展開はおもしろかった。ただ、もう少し短くできたんじゃないかと思うけど。
フェレ・マルチネスは他の作品よりコレが1番カッコいい。エドゥアルド・ノリエガは本当にセクシー美少年なのでそれを見るだけでもOKか(笑)

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.