実話、史実、ドキュメント 映画評

THE DOORS *ドアーズ*

投稿日:2000-02-10 更新日:

1991年/米

監督 :オリバー・ストーン

CAST:
ヴァル・キルマー、メグ・ライアン、ケビン・ディロン
カイル・マクラクラン、ビリー・アイドル

<STORY>
1960年代後半から1970年代初頭にかけて活躍したアメリカのロックバンド「ドアーズ」のヴォーカリストであるジム・モリソンの半生と彼の恋人パメラとの愛情を描いた伝記的映画。

<感想> 評価 ★3
USAの'60年代伝説のロックバンド=ドアーズ。代表曲は「ハートに火をつけて」
私がこの映画を観るまでに持っていた知識はこれだけだった。大好きなヴァル・キルマーがジム・モリスンに生き写しのようだと聞いていたが、ネットで調べたジム・モリスンとこの映画のヴァル・キルマーは本当にそっくり。
「ドアーズ」ファンならたまらないシーンもあるのだろうけど、「ドアーズ」を良く知らない私からしたら破滅的な男の生涯を見せられているに過ぎない。感情移入もなく淡々と見てしまった。
「ブロウ」を見た時の感じと似てるかな。冒頭の若いヴァル・キルマーと後半の太ったヴァル・キルマー同じ人物が短期間に演じたとは思えず素晴らしかった。

-実話、史実、ドキュメント, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.