ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

AKEELAH and the BEE *ドリームズ・カム・トゥルー*

投稿日:2007-02-10 更新日:

2006年/米

監督 :ダグ・アッチソン

CAST:
ローレンス・フィッシュバーン、キキ・パーマー、
アンジェラ・バセット、カーティス・アームストロング

<STORY>
サウス・LAに住む11歳のアキーラは、幼い時に父親を亡くし母親と兄姉と暮らしている。学校では飛び級もし成績優秀な生徒だったが、自分の身の置き場に迷い授業を欠席しがちな生徒だった。そんなアキーラは難解な英単語のスペルをマスターする才能を持っていた。校長は校内のスペリング大会に出場するように言い渡す。アキーラは優勝し、地区予選に出るため、UCLAの英語科の教授だったララビー博士のコーチを受けるように校長に言われる。

<感想> 評価 ★3.5
児童・生徒に観たもらいたいと思う1作。
治安の良くない黒人居住区。けして恵まれていると言えない家庭環境・教育環境の中、「スペル大会」を軸に母親との関係、友達との関係、師との関係、自分の居場所、生きる目的を探し、誰の冷やかし、いじめにも屈せず「スペル大会」に全力をかけるアキーラを自然と応援したくなる作品。
実話のようだが、ちがうようだ。なのに、「良いお話=美談」と薄っぺらく思わずに最後まで見れたのはアキーラ演じるキキ・パーマーの魅力と演技力のおかげだろう。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.