アニメ、アメコミ 映画評

THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS *ナイトメア ビフォア クリスマス*

投稿日:2000-02-12 更新日:

1994年/米

原案・制作:ティム・バートン

<STORY>
怖いことが大好きな住人の町ロウィンタウン。町の人気者ジャックは人を恐がらせることにかけては天才だったが、マンネリ化した年に一度のお祭り「ハロウィン」に飽き始めていた。ある日、偶然クリスマスタウンに迷い込んだ彼は、すっかりクリスマスに魅せられ、自らの企画演出でクリスマスをしたいと考え行動に移すのだがハロウィン育ちの彼が描いたクリスマスは違ってしまって・・・。

<感想> 評価 ★3.5
ミュージカルアニメ。
ティム・バートンの描く不気味で怖いけど愛らしくファンタジー溢れる世界がアニメで表現された作品。登場人物も個性的で魅力的なキャラクターがいっぱいで飽きない。背景も印象に残るところが多くポスターのバックにもなっている
<月をバックに先がくるっとぜんまいみたいになってる崖>がとても美しくて興味を惹く。
ティム・バートンは微妙にキモチ悪くて哀愁があるファンタジーを描かせると天才的。
ジャックは骸骨・ペットのゼロは幽霊。サリーはつぎはぎだらけのフランケンシュタイン風。そのサリーを作ったと言う頭でっかちの車いすの博士。ハロウィンタウンの嫌われ者のブギーマン。ブギーマンの子分のロック・ショック・バレルズ・・・とキャラを挙げればきりがないほど。楽しい作品です。

-アニメ、アメコミ, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.