ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

BIG FISH  *ビッグ・フィッシュ*

投稿日:2009-02-13 更新日:

2003年/米

監督:ティム・バートン

CAST:
ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ
ジェシカ・ラング、ヘレナ・ボナム=カーター

<STORY>
出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。

<感想> 評価 ★3.5
実は私、この映画のDVDを発売と同時に持っていたんです。ティム・バートン監督作品が好きで見たいと思ったからだけど、DVDを手にれた途端に観る気が急速に失せてしまいました。「ファンタジーもの」があまり好きじゃないのもあるし、おもしろいからと作り話で盛り上げるタイプの男も好きじゃない。そして決定打はユアン・マクレガーが正直苦手だから。

やっと観ました。なんと!6年越しで!

見始めはやっぱりしんどかったです。父親役の俳優も、そに話し方もホラ話のような作り話もおもしろいと思えず、気持ちが萎えるばかりで何度か観るのをやめようかと思ったほど。しかし、そこを越えたら・・・ハートフルな心温まるいい映画でした。
B・クラダップ演じる息子:ウィルが、父親のことを、本心を見せない何でもおもしろおかしくウケだけをねらって話しているように思えて嫌悪していく気持ちは私がこの映画を観る気になれなかった部分と重なります。そうなんです。真実を見せようとしないと言うことは、父を信じることができないと言うことに繋がってしまうからなんですよね。けれど、ウィルも父親:エドワードも両方愛している母親と妻が(素直に父の人生で起こった奇跡のような物語を受け入れてみたら・・・)とウィルに語りかけることで、ウィルが本当の父親を知っていく過程がとても良かったです。
ラストの父と息子の和解シーンはこみ上げるものがありました。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.