アニメ、アメコミ 映画評

秒速5センチメートル

投稿日:2008-02-13 更新日:

2007年/日本

監督 :新海 誠

<STORY>
小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く…。貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」の3編を収録した連作短編アニメーション。

<感想> 評価 ★2
しゃららくんに勧められ観ました。
元々アニメーションが苦手と言うこともあるのだろうけれど、主人公の貴樹も好きになれず、なんだか淡々と観てしまいました。
監督の新海誠さんがどう言う人であるか知らないで観ましたがデジタルアニメーション界では絶賛されている監督だとわかりました。
アニメなのか本当の映像のか区別がつかないほどリアルな情景も多々あり、確かに映像美には感嘆しました。
ストーリーはシンプル。一人称で語られる世界観・・・切ない思い・・・
だけど私には理解できない世界でした。

-アニメ、アメコミ, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.