実話、史実、ドキュメント 映画評

UNITED 93 *ユナイテッド93*

投稿日:2007-10-02 更新日:

20090507_6905552006年 / 米

監督 :ポール・グリーングラス


★no Judgment

<STORY>
2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほぼ同時にハイジャックされる。うち2機はワールド・トレード・センタービルに、もう1機は国防総省ペンタゴンに激突炎上した。しかし残る1機、乗客40人を乗せたユナイテッド航空93便は、なぜかターゲットに到達することなく、ペンシルヴェニア州に墜落した。本作はこのユナイテッド航空93便に焦点を当て、綿密な取材の基に忠実に再現したサスペンス・ドラマ。

<感想> 評価 ★no Judgment
9.11同時多発テロ。WTCビルに旅客機が突っ込む映像は今も目に焼き付いて離れない。衝撃的だった。湾岸戦争の爆撃映像よりも。まるで映画のようで現実のことと思えないほど。
のちに明らかになった旅客機同時4機ハイジャックの事実。本作品は唯一ターゲットを破壊できず墜落したユナイテッド93の飛行機からの通話記録や管制塔とのやりとりからそのときの状況をリアルに映像化したドキュメンタリー作品。
あれだけ同時多発テロのニュースを見ていたのに、ユナイテッド93が目標を達せずに墜落したのは犯人のミスだと思っていた。この映画で事実を知った。もう少し早く、勇気を出してハイジャック犯と戦っていたら助かったかも知れないと思うとむなしくなる。
テロ組織のメンバーがハイジャック中に何度も「神よ、私をお導きください」的な祈りの言葉を呟くシーンが出てくるのだが、ナゼ神に祈りながらテロ行為をしたのだろう。テロリズムの根底にはいつも宗教が絡むことが虚しい。  

-実話、史実、ドキュメント, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.