ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

LITTLE CHILDREN *リトル・チルドレン*

投稿日:2008-08-31 更新日:

20090506_6897072006年/米

監督 :ケイト・ウィンスレット、トッド・フィールド

CAST:
ケイト・ウィンスレット、パトリック・ウィルソン
ジェニファー・コネリー、ジャッキー・アール・ヘイリー


<STORY>
ボストン郊外の住宅街に3歳の娘を連れて引っ越してきたサラ。近所の公園へ娘を連れて「公園デビュー」するが他の主婦となかなかとけ込めないでいた。
夫とはうまくいってるとは言えず、孤独を感じる日々。ある日、勇気を出して近所の主婦に話しかけたところ、彼女たちの話題はしばらく公園に姿を見せていない若い父親のことだった。主婦たちは彼を『プロム・キング』と呼んでいた。そこへ『プロム・キング』が息子を連れて現れる。主婦たちは新参者のサラに彼と話をするようにけしかける。
サラは話しかけてみた。彼はブラッド。司法試験の合格を目指して主夫をしている男だった。しかし、彼とのこの出会いがふたりの運命を動かしていく。

<感想> 評価 ★3
孤独や焦燥感を抱える大人になりきれない大人たちを群像劇にした作品でした。
夫と冷えた関係で、子供との毎日に孤独を感じているサラ、司法試験に2度落ち、3度目の挑戦を前に妻の期待の重さに息苦しさを感じているブラッド。夫の成功を期待しているキャリアウーマンのブラッドの妻:ジェシー。性癖から児童虐待の犯罪歴を持ってしまった偏執性のロニー。そのロニーを心から愛し続ける老いた母親。共感するキャラクターはいなのだけど、それぞれの抱える問題は理解できるためか飽きることなく見れた。
結局、サラとブラッドの恋は恋愛と言うより、満たされない気持ちや過剰な期待のストレスから溺れ落ち、堕落したいと言う願望からくる不倫だったように思う。
子供の愛し方も自分の都合のいいような愛し方で、未熟な親を感じた。それと対比させているのが、性犯罪者の息子をひたすら信じ、愛し続ける老いた母親。強く、けなげで愛情に溢れている。過保護すぎるところが観ていて痛い。
しかし、性犯罪歴のあるロリコン男・ロニー役のジャッキー・アール・ヘイリー、彼の薄気味悪さには鳥肌が立った。
私は嫌いではない作品でした。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.