ミュージカル 映画評

THE GREATEST SHOWMAN * グレイテスト・ショーマン*

投稿日:

2017年/ 米

監督:マイケル・グレイシー

CAST:
ヒュー・ジャックマン
ザック・エフロン
ゼンデイア
ミッシェル・ウィリアムズ
レベッカ・ファーガソン
キアラ・セトル
ポール・スパークス
バイロン・ジェニングス
ベッツイ・アイテム

STORY

19世紀にアメリカで実在した興行師P.T.バーナムの半生を描く。

貧しい仕立屋の息子として生まれたバーナム少年は、裕福な家の娘チャリティに恋をし、純愛を貫き結ばれる。
2人の娘にも恵まれ、貧しいながらも幸せな生活を送っていたが、勤めていた会社が倒産。
バーナムは長年の夢だった「バーナムの博物館」を開館するが、まったく人気がなかった。
バーナムは試行錯誤の末、ユニークな人々を集めてショーをすることを考えつくー。

 

<感想> 評価 ★5

自他ともに認めるミュージカル好きですから、「グレイテスト・ショーマン」を見ない選択肢はありません!

音楽が素晴らしいミュージカル映画でした

ミュージカルと言うのは、細かな描写や表現、会話や情景を、歌と歌唱、ダンスで表現するものです。
そこに説明などなく、観ている私が感じるもの、心に響くもの、それがすべてです。
そう言う意味でこの映画は、しっかりしたミュージカル映画でした
つまりは、Storyを解説してしまうと薄っぺらくなってしまうんですねー。

とにかく音楽が素晴らしく、オープニングナンバーの「The Greatest Showman」から一気にミュージカル映画の世界に引きこんでくれます。

ミュージカルファンならわかる、ここで歌い出すよね?ってところで、絶妙に入るミュージカルナンバーが素晴らしい

また、対比のさせ方が痺れるな~と思ったのは、オペラ歌手ジェニー・リンドが登場するところ。
ジェニーは、本物のオペラ歌手と言う設定です。
バーナムは、彼女の歌を聞いたこともないのに、彼女のネームバリューが欲しくて自分の劇場のステージに出て欲しいとオフォーするワケです。
そのステージでジェニーが歌い上げるのが、「Never Enough」。
ジェニーは、本物のオペラ歌手の実力を見せつけます。

その歌詞はまた意味深で、

” あなたが私に見せた夢はどんどん大きくなり続けている。この思いを分かち合いましょう。
  幾千のスポットライトを浴びようとも、それでは満足できない、それでは足りない ”

まるでジェニーがバーナムに伝えているような歌詞なワケです。
実際は、ジェニー・リンドを演じたレベッカ・ファーガソンではなく、ローレン・オルレッドと言う歌手が歌われているそうですが、素晴らしい歌唱です。
彼女だけの数分間なのに飽きることもなく、ただ心が震える・・・みたいに感じました。

ザック・エフロンとゼンデイアと言えば・・・「ディズニーチャンネル」です(笑)
知ってる人は知っている、CATVの子ども向けチャンネルの俳優として人気のあったふたりなんです。
このふたりが大人の恋を歌い上げるんですよね~。
人種差別もテーマのひとつなんです。

そして映画館で、堪えられず涙を流したのは、やっぱり「This is me」の楽曲。
髭の生えた女性:レティを演じていたキアラ・セトルがメインとなり、ユニークな劇団員が皆で歌い上げるこの曲は、感動以外ありません。

そして映画を見終わっても、この世界観に浸りたくて、迷わず買ってしまったサントラCD

このミュージカルはほんとうに楽曲が8割を占めると言っても過言でないかな?と思います。
「This is me」を劇団四季で生ステージで見れたら・・・と想像するだけでワクワクします

この動画は、キアラ・セトルがオーディションを受けた時の映像なんですけど、
すごいんですよー。
私、この動画見て、また泣いてしまいました。
最初の1分ほどはインタビューなので、良かったら早回しにして観てみて下さい。

そんなワケで、久々に感動するミュージカル映画に出会えて、うれしいです
あぁ~生まれ変わったら、私はミュージカル俳優になりたい(笑)

 

-ミュージカル, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.